【コロナ社畜に捧ぐ】『今日も出社かぁ..もうこんな会社はウンザリ』と思ったら行うべき7つの行動

【コロナ社畜に捧ぐ】『今日も出社かぁ..もうこんな会社はウンザリ』と思ったら行うべき7つの行動

2020/04/12

コロナが止まらないですね。この執筆時点で、感染者数6005人(前日比+658)とのことです。

あとで読み返した時に、思い出せるようエビデンスだけ残しておきます。

コロナの感染者数(国内・海外)
引用:yahoo

22時からやってる某ニュース番組で「自粛ですね!」「家に居ないとダメですね!」と騒いでいたキャスターまで感染したようで、言葉に説得力がまったくないですね..。

ただ、明日から懲りずに会社は始まりますし、変わらず出勤予定の方も多いのではないでしょうか。

この状況で会社の存続とか、今期の利益とか考えている経営者がまだまだ多いようですが、正直、そんな会社なんて、さっさと潰れてしまえと思います。

リモートの環境が整っていないからと強制出社を強いている会社も、そこでせっせと命を削ってるサラリーマンもバカだと感じます。

会社がなくなっても自分の人生は終わらないですが、自分がコロナの影響で万が一亡くなったら、そこで人生は終了です。

そこで今回は、社畜になっている人が会社を辞めるに前に行う7つの行動をまとめてみました。

こちらは実際に私が前の会社を辞める前、2~3か月かけて準備した項目になります。おかげさまで、週末や業務外の時間を使うことなく綺麗さっぱりと辞めれました。
ぜひ参考にしてください。

転職サイト・エージェントへの登録(退職予定日まであと三か月)

退職して、フリーランスで活動すると決めている方以外は、何らかの形で転職活動をする必要があると思います。

今の会社に通うのが、どうしても苦痛な方は退職手続きを優先すべきですが、退職まで多少の猶予を考えている方はまずリクナビマイナビなどの転職サイトへの登録と、転職エージェントサイトへの登録をお勧めします。

特に、転職エージェントに関しては、対面でのキャリア面談を行っている企業が多いです。
今までのキャリアを棚卸ししつつ、かなりの割合で年収アップが実現できる転職先を紹介してくれます。

実際、私の会社でも転職者の2人に1人は転職エージェント経由になっています。
エージェントとの事前面談を行うことで、転職先のミスマッチと年収アップを実現することが可能です。

ただし、転職エージェントは年収の1/3ほどを企業がエージェントに支払う必要があるので、どうしても行きたい企業などがあれば、直接応募することをおススメします。

自分は、転職エージェントに支払ってでも採用したい人材と自負できる方は積極的に活用していきましょう。

各種転職サイトに登録後は、営業メールがひっきりなしに届くので、転職先を探すモチベーションがあがっている段階で活用していきましょう。漠然とした段階で登録すると、転職に嫌気が差してしまう可能性があるので注意が必要です。

履歴書・職務経歴書・ポートフォリオの作成(退職予定日まであと三か月)

転職サイトに登録できたら、次は書類の作成です。

デザイナーやエンジニアはこれまでの制作実績も必要なので、どんどんまとめていきましょう。

※転職の際は、履歴書よりも職務経歴書やポートフォリオの方が重要です。

履歴書は最終学歴と趣味や資格がわかれば大丈夫ですので、あまり時間はかけず、職務経歴書の記入に全力を注ぎましょう。

お勧めはできるだけ業務中にしてしまうことです。自身のキャリアを棚卸しするには、職場で記入を進めるのが効率的ですし、転職活動は疲れるので休日に溜め込まないようにしましょう。

どうせ今の会社は辞める気になっているので、売り上げや同僚の目は気にする必要はありません。数か月後の明るい未来を思い浮かべて進めていきましょう。

名刺/会社PCの整理・バックアップ(退職予定日まであと二か月)

各種書類と転職先の面接などが始まってきたら、会社のPCの整理を始めます。

おススメは1TBぐらいのポータブルHDを購入して、パソコンの中身をごそっとバックアップしましょう。

転職後に使えるようなデータが今の会社にあれば、積極的にコピーしておきます。

また数か月後には、PCを真っ新にして引き渡す必要が多いと思うので、過去案件や不要ファイルはどんどん削除していきましょう。

名刺も同様に、今後役に立つ関係の方以外は振り分けてしまい、捨てる準備を進めていきましょう。

書類の破棄・デスク整理(退職予定日まであと二か月)

PCの整理が完了したら、次は印刷している書類や会社に持っていってる私物を整理ししていきます。

印刷書類はまとめてシュレッダーしていきましょう。

退職日に大量の私物を持ち帰るのは面倒なので、必要なものからどんどん持って帰るようにしましょう。

退職理由をしっかりと伝える(退職予定日まであと二か月)

ここが一番、神経を使うししんどいポイントですが、退職日予定日の最低2か月には、しっかりと意思を伝えましょう。

「コロナ騒動の中で出社を強要された」「同僚が合わない」「ステップアップしたい」など、半分ぐらいは嘘でもいいので、はっきり言い切るのが大事です。

会社は経営者の私物です。サラリーマンはただの駒なので、遠慮をすることなく、嫌な理由をしっかりと突き付けるのが大事です。

引継ぎリストの作成・業務から徐々にフェードアウト(退職予定日まであと二か月)

会社がどれだけNGを出しても2か月前に辞意を伝えれば、サラリーマンは退職できます。

しっかりと意思を伝えた後は、急ぎ引継ぎ資料を作成していきましょう。

引継ぎで文句を言われることは少ないと思いますが、こちらはしっかり退職前の行動をしたという証を残すためにも引継ぎは重要です。

また、バカな会社では、辞めることがわかっているにも関わらず、新たな仕事を依頼しようとします。

ハッキリとできない仕事は断ってしまいましょう。あまりにも酷い場合は、退職日の前倒しも検討するようにしてください。

貯金や保険の見直し・有給消化中の予定作成(退職予定日二週間前)

ラスト2週間は、出社しているけど、仕事をしないという状態がベストです。

その間に、これまでの貯金や保険関係の見直しや、有給消化中の過ごし方をしっかりと計画しましょう。

転職後しばらくは自由な時間やストレスが溜まる日々が続く可能性が高いので、退職前のこの期間と有給消化中にしっかりとリフレッシュできるように進めていきましょう。

今回のまとめ

コロナの影響で、自分の会社がホワイトかブラックかがより鮮明にわかるようになってきたと思います。

どんな理由があれ、都会で今出社を強要している会社は間違いなくブラック会社です。自分が思ってなくても、周りから見ればそう見えてしまうでしょう。

無理に転職を勧めるつもりはありませんが、今回のコロナ騒動で、今の職場の将来性が見えてきたと思います。

日本には約170万社もの法人企業が存在しています。20~30代であれば、何も考えずに退職しても、必ず転職先は見つかるでしょう。

ブラックな会社で自分の人生を真っ暗闇にしないためにも、不満が湧いてきている方には、早めの転職をおススメします。

ご購読ありがとうございました。

TAMAたま

WEB系フリーランスTAMA(タマ)です。👨‍👧‍👦
20代半ばからWEB制作で生計を立てて、気がつけば10年目。WEBデザイン、コーディング、ディレクションなどひと通りは行えます。現在はWEBシステム会社でで管理職。ここ数年は子供との時間を優先して、仕事は二の次にしてましたが、子供がすくすく成長してきたので、本腰いれて稼ごうと模索中。ブログを始めてもうすぐ1年ですが、出来るだけ毎日更新を目指してます。
座右の銘は『自由と時間を大切に』
夢はログハウスの別荘で、山と海を見ながら投資と執筆活動です。

最近投稿記事 Latest Entry

人気記事Popular Entry